山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皆子山 道迷い

毎日新聞 8月16日(火)12時57分配信

 14日午後8時ごろ、京都市左京区大原の皆子(みなこ)山(標高971メートル)に登っていた20~26歳の男女5人グループから「自力下山できなくなった」と府警に110番通報があった。下鴨署や滋賀県警、京都市消防局などから約25人が出動し、15日午前7時半ごろ、山頂付近で5人を無事保護。5人は同署員らに付き添われ下山した。足首に軽傷を負った女性会社員(24)以外は、けがもなく元気だという。
 同署によると、5人は京都市内の私立大生3人と、同大学卒業生で岡山県和気町の町議と会社員。14日午後1時ごろ入山し、同3時半過ぎに山頂から下山を始めたが、道に迷ってしまったという。日没を迎えたため、山頂付近で捜索を待つことにし、持参した菓子を分け合い、ティッシュペーパーを燃やして暖を取るなどして夜を明かしたという。ライトなどの装備は持っておらず、計画書も提出していなかった。5人は「軽い気持ちで登ってしまった」と話しているという。皆子山は京都・滋賀両府県境にまたがる府内最高峰。
関連記事



[ 2011/08/14 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。