山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石狩岳 道迷い

石狩岳縦走の男性登山者2人 自力下山中に保護(08/24 11:41、08/24 14:05 更新)

 【上士幌】十勝管内上士幌町の音更山(1932メートル)から石狩岳(1967メートル)へ縦走中、連絡が途絶えていた男性登山者2人は24日、自力で下山しているところを、捜索中の道警山岳救助隊員に保護された。2人にけがはなかった。

 同署によると、2人は川崎市多摩区寺尾台、会社員伊藤祐介さん(34)と日高管内新ひだか町静内目名、同伊藤隼さん(29)の兄弟。23日午後、「道に迷った」と道警に携帯電話で通報した後、連絡が途切れていたが、24日午前8時30分ごろ、音更山と石狩岳の中間付近の登山道で見つかった。

関連記事



[ 1970/01/01 09:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。