山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雫石町 転落 20日ぶり救助

山中から20日ぶり生還:78歳Aさん救助時の模様を防災ヘリ隊員が語る
2012年07月10日

秋田県仙北市角館町のAさん(78)がタケノコ採り中に遭難し、岩手県雫石町で20日ぶりに発見・救助された遭難事故で、県防災ヘリで救助した秋田県消防防災航空隊の救助隊員は9日、「よく生きていてくれたと感動した」と振り返った。

 Aさんが発見された8日、ヘリで現場に降り立ち、沢から約10メートルの場所でブルーシートにくるまり、あおむけになっているAさんを発見。「大丈夫ですか。頑張りましたね」と声をかけると、Aさんは両手を合わせて拝むような仕草を見せた。手のひらで円を描くような仕草で右の太ももを示し、顔をしかめて見せたという。声はか細く、口元に耳を寄せてもほとんど聞こえないほどだったという。

 搬送先の秋田赤十字病院の救命救急センター長は9日に会見。脱水症状や低栄養による急性腎不全の症状が見られたという。Aさんは沢に転落してけがをして動けなくなり、持参のチョコレートや周辺の山菜を食べ、沢の水を飲んでいたという。

.
関連記事



[ 2012/07/10 21:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。