山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士山 落石

1980年(昭和55年)8月14日
富士吉田9合目付近から直径1~2mもある岩石がいくつか落下。2度の落石があり死者12名、重軽傷者31名を大惨事になった。この年は富士山の御縁年に当たり、お盆ということもあって登山客が多かった。

昭和55年8月14日午後1時40分富士山で落石が発生した。この落石により、死者12名負傷者31名の人的被害が生じた。
  富士山の北側にある吉田大沢の最上部の久須志岳の崖を構成する岩石が崩壊し、崩壊した岩石が5合目付近まで吉田大沢の内部を転がり落ちた。この時の落石の数は50~60個、落石の大きさは大きいもので直径1~2mといわれている。この落石事故以後、吉田大沢内を通過していた下山道が付け替えられた。(「富士山-地質と変貌-、浜野一彦、昭和63年」)
  落石直後、当時山梨大学の浜野一彦を中心とした調査団が落石事故を調査した。この調査時に多数の写真が撮影されている。この時の写真は、崩壊場所の状況が詳細に撮影されているが、ほとんどは未公開である。浜野一彦は山梨大学を退官後山梨学院大学に移ったが、山梨学院大学の研究室にこの時の写真が残されている。
関連記事



[ 1980/08/14 17:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。