山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

滝倉山 単独 滑落後凍死

[富山]北アで不明の男性遺体収容 県警ヘリが発見
2012年5月14日
 十三日午前十時ごろ、富山県北アルプスの滝倉山付近で、連絡が取れなくなっていた横浜市保土ケ谷区天王町、会社員Aさん(53)の遺体を、捜索中の県警ヘリが発見、収容した。死因は凍死。
 県警によると、滝倉山から約一キロ南の斜面に倒れていた。標高一、七七〇メートルの稜線(りょうせん)から約百五十メートル滑落した跡があった。
 Aさんは富山市出身。四月二十八日に登山に出かけ、帰宅予定の今月六日になっても帰宅しなかった。十日に家族が神奈川県警に届け、富山県警が十一日朝から捜索していた。


◆◆◆
宇奈月の山で男性が死亡

13日午前、黒部市宇奈月町の山の雪の斜面で先月から独りで登山に出かけたまま行方不明になっていた横浜市の53歳の男性が遺体で見つかり、警察は遭難したものとみて調べています。13日午前10時半ごろ黒部市宇奈月町の標高1967メートルのウドノ頭の稜線の下の雪の斜面で、横浜市の会社員、Aさん(53)が死亡しているのを捜索にあたっていた警察のヘリコプターが見つけました。Aさんは稜線から150メートル下に倒れていて、雪の斜面には滑落した痕が残っていたということです。Aさんは富山出身で、先月28日、家族に対し、「富山県に登山に出かける」と言って、独りで出かけたまま、帰宅予定の今月6日になっても帰らなかったことから、警察に届けが出されていました。警察で行方を捜したところ、今月4日の昼ごろ、ウドノ頭の北側にある滝倉山を登っていた別のパーティがAさんとみられる男性を目撃していたことがわかり、遭難したものとみて周辺を捜索していました。Aさんの死因は凍死と確認され、骨折などのけががなかったことから、警察は滑落の際に気を失った後、体温が低下して死亡したものとみて調べています。


05月13日 18時22分

◆◆◆

[富山]滝倉山で横浜の登山者が不明 北アルプス
2012年5月12日

 富山県に登山に出かけた横浜市保土ケ谷区天王町、会社員Aさん(53)が帰宅しないと家族が十日、神奈川県警に届け出た。富山県警は十一日、目撃情報があった同県魚津、黒部両市の間にある北アルプス・滝倉山(二、〇二九メートル)の麓で捜索を始めた。

 魚津署によると、Aさんは四月二十八日に家を出たが、帰宅予定の五月六日になっても戻らなかった。

 「四日昼ごろ、滝倉山周辺でAと名乗る六十歳ぐらいの男性と会った」との情報が同県内の登山者グループから寄せられ、署は滝倉山付近で行方不明になったとみている。Aさんは登山の装備でテントも持っていたという。

関連記事



[ 2012/05/06 11:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。