山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奥穂高岳 3人PT 滑落 低体温症 2人死亡

ヘリ救出の2人死亡=奥穂高岳で遭難―岐阜県警
時事通信 5月7日(月)14時45分配信

 岐阜県高山市の北アルプス・奥穂高岳(3190メートル)で男性3人が滑落した事故で、県警は7日、同日午前に救出された2人が死亡したと発表した。死因はいずれも低体温症という。
 死亡したのは、愛知県春日井市六軒屋町西、会社員Aさん(35)と同市白山町、同Bさん(31)。6日に救助された愛知県小牧市大草、会社員Cさん(38)は低体温症で衰弱していたが、回復に向かっているという。 


◆◆◆

<北アルプス>奥穂高岳で滑落、2人死亡
毎日新聞 5月7日(月)12時22分配信

 6日午後2時40分ごろ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス奥穂高岳(3190メートル)北側の尾根で、縦走中の男性3人が岐阜県側の谷に滑落した。このうち自力で尾根に戻った愛知県小牧市大草の会社員、Cさん(38)が家族らを通じて110番。Cさんは同日午後6時25分ごろに救助されたが、残る2人は7日朝、尾根の約50メートル下で発見され、いずれも死亡が確認された。

 岐阜県警高山署によると、死亡したのは愛知県春日井市六軒屋町西3、会社員、Aさん(35)と、同市白山町2、同、Bさん(31)。

 3人は同県内の山岳会に所属し、3日に高山市の新穂高温泉から入山。5日に下山予定だったが悪天候に阻まれ、6日昼、奥穂高岳を越えた下りで3人とも滑落した。3人はザイルでつながっていたという。

 Cさんは救助後、山小屋で一夜を過ごし、県警ヘリで高山市内の病院に搬送された。低体温症で衰弱しているが、意識ははっきりしているという。

◆◆◆

奥穂高岳で男性3人滑落 発見の2人が死亡
テレビ朝日系(ANN) 5月7日(月)14時30分配信

 岐阜県の北アルプス・奥穂高岳で6日、登山中の男性3人が滑落しました。1人は救助され、行方不明だった2人は7日朝に発見されましたが、死亡が確認されました。

 6日、北アルプス・奥穂高岳北側の尾根付近で、男性3人が滑落し、うち2人が行方不明となりました。警察によりますと、愛知県春日井市の会社員・Aさん(35)とBさん(31)が7日朝、稜線から50メートルほど下で発見されましたが、死亡が確認されました。6日に救助された男性(38)は病院へ運ばれて無事でした。3人は3日から奥穂高岳に向かっていましたが、途中で悪天候に見舞われ、遭難したということです。奥穂高岳では大阪市の55歳の男性も遭難し、7日朝に救助されました。手足に軽い凍傷を負っているということです。

◆◆◆

北アルプスで3人滑落=2人は心肺停止―岐阜
時事通信 5月7日(月)10時40分配信

 6日午後2時40分ごろ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス・奥穂高岳(3190メートル)を登山中の男性から「尾根から滑落し、仲間2人の行方が分からない」と愛知県の山岳会を通じ110番があった。通報した男性は自力ではい上がり、岐阜県警山岳警備隊に救助された。残る2人は7日午前、県警ヘリコプターが発見、救助したが、いずれも心肺停止状態という。
 県警によると、滑落した3人は愛知県小牧市大草、会社員Cさん(38)▽同県春日井市六軒屋町西、会社員Aさん(35)▽同市白山町、同Bさん(31)。6日に救助されたCさんは低体温症で衰弱していたが、回復に向かっているという。県警は発見された2人の身元確認を急ぐ。

◆◆◆
北アルプスで遭難 3人が滑落

北アルプスの奥穂高岳で、登山をしていた男性3人が尾根から滑落し、1人は救助されましたが、2人と連絡が取れなくなっています。警察では日没のため6日の捜索を打ち切り、7日明け方から捜索を再開することにしています。
警察によりますと、6日午後2時すぎ、北アルプスの奥穂高岳で、登山をしていた男性3人が尾根から滑落したと警察に救助の要請がありました。
民間の山岳救助隊員が捜索活動を行ったところ、愛知県小牧市の会社員、Cさん(38)が救助され、近くの山荘に収容されました。Cさんの意識はしっかりしており、命に別状はないということです。
しかし、Cさんと同時に滑落したいずれも愛知県春日井市の会社員、Aさん(35)と、Bさん(31)とは連絡が取れなくなっており、警察では、7日の午前5時から2人の捜索を再開することにしています。
警察によりますと、3人は今月3日、岐阜県高山市の新穂高登山口から山に入り、奥穂高岳を経由して5日に下山する予定だったということですが、4日からの天候の悪化で予定が大幅に遅れたうえ、途中で道に迷ったと見られるということです。

05月06日 18時19分



◆◆◆

北アルプスで2人滑落か 奥穂高岳、県警ヘリなど捜索
 6日午後2時40分ごろ、岐阜県高山市の北アルプス・奥穂高岳(3190メートル)で、「男性2人が滑落した」と愛知県の山岳会から岐阜県警に通報があった。民間の山岳救助隊員が奥穂高岳北側付近に向かって確認するとともに、県警のヘリが付近を捜索している。

 高山署によると、男性2人はもう1人と計3人で3日に岐阜県側の新穂高から入山し、奥穂高岳を目指した。悪天候などで予定が遅れ、午後2時10分ごろ、3人のうち1人が「滑落した」と家族に連絡。家族から連絡を受けた山岳会が県警に通報した。登山届では、3人とも30代の男性となっているという。
.

◆◆◆
北アルプスで遭難 2人滑落か
5月6日 18時14分岐阜県警察本部に入った連絡によりますと、6日午後2時すぎ、岐阜県高山市の奥穂高岳で、登山をしていた男性3人のグループのうち、2人が尾根から滑落したと山岳会を通じて警察に救助の要請がありました。
3人は、今月3日に岐阜県側から山に入り、2人が滑落したあと残る1人が通報したということです。
警察は山岳救助隊を現場に向かわせるとともに、ヘリコプターを出して捜索しています。
関連記事



[ 2012/05/06 18:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。