山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西穂高岳 行方不明

消防署職員の男性 吹雪の北アルプスで遭難か
2012.3.9 14:27
 9日午前7時50分ごろ、岐阜県高山市の北アルプス西穂高岳(標高2909メートル)に登山した横浜市金沢区の消防署職員の男性(53)の家族から、「昨日登山から帰る予定だったが帰ってこない」と高山署に通報があった。現地は吹雪で、天候回復を待って県警ヘリや山岳警備隊が捜索する。

 同署によると、男性は7日に入山し、西穂山荘に宿泊。8日早朝に山荘を出発、同日午前9時40分ごろ、別の登山者が西穂高岳ピラミッドピーク付近(標高2750メートル)で男性と擦れ違ったことが確認されているが、その後の男性の足取りは分からないという。
関連記事



[ 2012/03/09 21:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。