山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大山 滑落 骨折

四国中央市の男性が鳥取・大山で滑落

きょう午前、鳥取県の大山で四国中央市の男性が登山道から滑り落ちる事故がありました。
男性は県の防災ヘリに救助され命に別状はないと言う事です。

「右の尾根のはじから黒いものがすっと滑り落ちるのが見えた」(目撃した人)。

滑落事故があったのは鳥取県の大山で、きょう午前9時20分頃四国中央市金生町下分の会社員Aさん57歳が8合目付近から400メートル滑り落ちました。
Aさんは1時間後に県の防災ヘリに救助され顔や足などを打っているものの命に別状はないということです。
Aさんは一緒に登山していた妻が落とした杖を拾おうとして、バランスを崩したということです。

◆◆◆

大山で滑落 男性が左足骨折

4日午前9時20分過ぎ、大山夏山登山道8合目付近から人が滑落したと警察に通報があった。
八橋警察署によると、滑落したのは、愛媛県の57歳の男性会社員。
鳥取県の防災ヘリが約1時間後、男性をピックアップして病院に搬送した。
男性は左足を骨折したが、命に別状はないという。
男性は4日午前8時頃から妻とともに登山中だった。
関連記事



[ 2012/03/04 21:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。