山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大崩山 滑落 死亡

宮崎県の山中で大分市の女性が滑落し死亡
29日午後、宮崎県延岡市の大崩山で、登山をしていた大分市の56歳の女性が山道から数十メートル下に滑落し死亡しました。29日午後1時20分ごろ、大分との県境にほど近い、宮崎県延岡市の大崩山で、大分市屋山の会社員、Aさんが、山道から数十メートル下に滑落しました。Aさんは、防災ヘリで延岡市内の病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて、およそ3時間後に死亡が確認されました。警察の調べによりますとAさんは、夫と2人で登山に訪れていて、景色を写真撮影している際に滑落したということです。警察は、家族から話を聞くなどして滑落した原因を調べています。


29日午後1時20分頃、宮崎県延岡市北方町の大崩山(1644メートル)で、男性から「滝の上から人が落ちてきた」と110番があった。
県の防災救急ヘリ隊員が河原に倒れていた大分市屋山の会社員Aさん(56)を発見、搬送したが、
頭などを強く打っており、延岡市内の病院で死亡が確認された。
県警延岡署の発表によると、Aさんは写真撮影のため、夫(60)と2人で山登りをしていた。
写真撮影をしていたAさんが凍った滝で足を滑らせ、数十メートル下に転落したとみている。

(2012年1月30日12時02分 読売新聞)

関連記事



[ 2012/01/29 21:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。