山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白馬五竜スキー場 山スキー 雪崩 死亡

長野・白馬のスキー場外で雪崩、1人死亡 
2012年1月28日 22時05分
 28日午後零時10分ごろ、長野県白馬村神城、白馬五竜スキー場のゲレンデに近い斜面で、山スキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれたと、一緒にいた仲間から通報があった。大町署が捜索し、5時間後に雪中で発見したが、死亡していた。奈良県御所市の高校教師(51)とみて、身元を確認している。大町署によると、男性は、スキー仲間の愛知県岡崎市の男性会社員(41)と2人で、標高約1600メートルのゲレンデのリフト終点からさらに約50メートル上り、立ち入り禁止区域の斜面に進入。沢筋を滑っていて、標高1400メートル付近で発生した雪崩に巻き込まれ1キロほど流された。一緒にいた会社員は巻き込まれず、けがはなかった。死亡した男性は、遭難時のための電波発信機を身に着けていた。
関連記事



[ 2012/01/28 12:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。