山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

阿弥陀岳遭難

社会 : 阿弥陀岳遭難、3人死亡 身動きとれず凍死
更新:2006-3-21 6:00
 八ケ岳連峰阿弥陀岳(標高2805メートル)東側斜面で起きた遭難事故で、茅野署は20日午後、男女3人をヘリコプターで収容し、死亡を確認した。死因はいずれも凍死だった。

 同署によると、死亡したのは東京都江東区、会社員長倉久敏さん(57)、同板橋区、パート従業員茂木みどりさん(45)、横浜市、会社員竹内雅雄さん(47)の3人。いずれも都内の山岳会「東京アルコウ会(窪田紀夫代表)」に所属している。

 署員ら6人が同日午前11時40分ごろ、同岳東側の下山ルートより20メートル離れた急斜面へ到着し、3人に呼び掛けたが反応はなかった。その後、ヘリコプターで同署へ収容。午後4時43分、検視で死亡を確認した。

 調べだと、3人は同会の5人パーティーで、18日から1泊2日の予定で入山。3人は舟山十字路から、窪田代表ら2人は美濃戸口から入山。舟山十字路から入山した3人は、同岳南陵の無名峰付近で野営した後、中岳側に下山中、凍傷などで身動きがとれなくなり、19日午後6時過ぎ、窪田代表と連絡を取り山小屋を通して同署に救助を要請していた。発見されたとき、3人は簡易テントをかぶるなどしていた。現場は積雪1メートル弱で、例年より雪は多いという。登山計画書は美濃戸口に提出してあった。

 長野地方気象台によると、19日は低気圧の通過に伴い、一帯は時折、最大瞬間風速20メートル以上の突風が吹く大荒れの天気となった。近くの野辺山観測地点では、同日夜、零下9.2度を記録しており、遭難現場では同15度以下になったとみられる。

 同連峰における昨年12月からの遭難事故は8件、死亡者は4人になった。

関連記事



[ 2006/03/18 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。