山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西穂高岳 玄文沢 道迷い 救助

西穂高岳 75歳男性救助求める

3日午後、長野県の北アルプスの西穂高岳で登山をしていた75歳の男性が、下山の途中、道に迷い電話で救助を求めたため、長野県警の救助隊4人が救助に向かっています。
3日午後6時すぎ、北アルプス西穂高岳から上高地に向けて下山していた大阪府堺市の75歳の男性から「道に迷った」と携帯電話を通じ警察に通報がありました。
警察によりますと、男性は元日に上高地から1人で西穂高岳に入り、3日午前8時ごろ標高2300メートルにある山小屋から上高地に向けて下山していたところ、標高1800メートル付近にある玄文沢付近で道に迷ったということです。
男性とは携帯電話で連絡を取れる状態でけがはないものの、テントや寝袋など十分な装備は持っていないということです。
このため、山岳遭難救助隊の隊員4人が3日午後10時半ごろ、地上から救助に向かい、4日午前7時からはヘリコプターで上空からも捜索することにしています。
北アルプスでは3日槍ヶ岳と奥穂高岳で登山者が救助を求めるなどし、合わせて7人がヘリコプターで救助されています。

◆◆◆

3日夕方、長野県の北アルプスの西穂高岳で、下山の途中、道に迷い、電話で救助を求めていた75歳の男性が4日朝、警察に救助されました。
救助されたのは、大阪府堺市の75歳の男性です。この男性は1人で北アルプス西穂高岳に登山し、3日午後6時すぎ、上高地に向けて下山していた途中、
標高1800メートル付近で道に迷い、携帯電話で警察に救助を求めていました。このため3日午後10時半ごろ、警察の山岳遭難救助隊の隊員4人が
地上から救助に向かい、4日午前8時半ごろ、標高1700メートル付近で男性を発見し、無事救助したということです。男性は、雪と風を避けるため、
自分で雪に穴を掘って、穴の中で一晩を過ごしたということです。
男性は救助隊員に付き添われ、上高地に向けて自力で下山していて、けがなどはないということです。

関連記事



[ 2012/01/03 11:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。