山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中ノ川 遭難事故

2010年08月15日(日)に歴舟川水系中ノ川で発生した、東京理科大学ワンダーフォーゲル部の遭難事故

事故の経緯
一行4人は2010年08月09日(月)から2010年08月21日(土)までの予定で、コイカクシュサツナイ川から入山し、稜線を縦走してペテガリ岳に至り、中ノ川を経由して、ピリカヌプリを目指す途中だった。

入山後、稜線で台風4号をやり過ごし、14日の午前10時頃にはペテガリ岳山頂にいるところを他の登山者に目撃されている。その後、事故現場までの行動は不明。

15日は中ノ川下降尾根を下り、同日午後6時頃ルートルオマップ川上二股に至った。日没と雨天のため、付近の河原(一部中洲という報道がある)にテントを張ってビバーク。メンバーは増水に備えて沢靴を履いたままでいた。午後8時30分頃、テント内にいたところを4人全員鉄砲水に流された。内1名のAさんは自力で岸に上がった。

なお、計画ではここには2日前に到着しているはずだった。

翌16日、流された3名はAさんにそれぞれ確認され、岸に引き上げられたがいずれも息はなかったという。うち一名は再び川に流された。

更に翌17日の夕刻、自力で中ノ川林道まで下山したAさんが通行車両に助けを求め、警察に届け出た。

18日、ヘリによる捜索の結果3人の遺体が発見された。


事故現場
事故現場となった幕営地点は、ルートルオマップ川(中ノ川支六ノ沢)Co565 上二股付近。

幅5m深さ20cmの川から数m離れた河原とのこと。

山行計画(断片的な情報から)
08月09日
コイカクシュサツナイ川~Co640 上二股 C1
08月10日
C1~夏尾根~コイカクシュサツナイ岳~ヤオロマップ岳 C2
08月11日
C2~1409コル C3
08月12日
C3~ルベツネ山~ペテガリCカール C4
08月13日
C4~ペテガリ岳~P1469~中ノ川下降尾根~ルートルオマップ川(中ノ川支六ノ沢)Co565 上二股 C5
08月14日
C5~中ノ川十字峡~中ノ川本流 Co531 奥二股 C6
08月15日
C6~神威岳北東面直登沢(中ノ川支七ノ沢)~神威岳 C7
08月16日
C7~ソエマツ岳 C8
08月17日
C8~ヌビナイ川右股 Co790 上二股~ピリカヌプリ~南西尾根~Co574 三股 C9
08月18日
C9~添松林道~林道ゲート~浦河駅
08月19日~08月21日
予備日
パーティの構成
生還したAさんは4年生で同クラブの部長、死亡した3人の内3年生の1名がリーダーをつとめ、残りの2名は今年登山を始めたばかりだったという。

事故現場周辺の概要
ルートルオマップ川(現場となった川)
中ノ川本流の十字峡から現場までは狭いゴルジュが続き、泳ぎと高巻きが連続する困難な沢である。

現場付近
ルートルオマップ川は出合から源頭まで切り立った壁に囲まれた函状の沢。

当日の気象条件
現場付近は11日から12日にかけて台風4号に関連した雨が100mm近く降っている。13日から15日朝にかけては晴天。
関連記事



[ 2010/08/15 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。