山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

錫杖岳 クリヤ谷 渡渉事故 死亡

錫杖岳登山の男性、増水の川に流され心肺停止か

7日午前1時頃、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の錫杖岳(しゃくじょうだけ)にある標高約1300メートル
付近の谷で、富山県滑川市北野、会社員Aさん(52)が雨で増水した川に流されたと、地元の山岳会
から岐阜県警に通報があった。
 Aさんは登山仲間の男性(43)に救出されたが、心肺停止状態とみられる。
 高山署の発表によると、Aさんら2人は5日早朝から新穂高から入山。錫杖岳でロッククライミングした後、
6日午後2時15分頃、下山途中に急斜面で足を滑らせて流されたという。
 現場付近は6日に雨が降って増水していた。悪天候のため、天候の回復を待って、県警航空隊が
ヘリコプターで救助に向かう予定。

*****

北アで滑川の男性が心肺停止状態
 7日未明、岐阜県高山市の北アルプスの谷で富山県滑川市の男性が川に流されたと
警察に通報がありました。
 男性は、救助されましたが意識不明の重体とみられます。
 高山警察署によりますと、7日午前1時ごろ、岐阜県高山市の北アルプス錫杖岳にある
標高1300メートル付近の谷で、富山県滑川市北野の会社員、Aさん52歳が川に
流されたと、地元の山岳会から警察に通報がありました。
 Aさんは登山仲間に救出されましたが心肺停止状態とみられます。
 警察の調べによりますとAさんは5日の朝に山に入り、錫杖岳でロッククライミングをした後、
7日午後2時すぎ、下山途中に足を滑らせて流されたということです。
 現場は当時、雨が降って増水していました。

*****

7日午前1時ごろ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の北アルプス・錫杖(しゃくじょう)岳クリヤ谷(標高約1300メートル)で、富山県滑川市北野、会社員Aさん(52)が川に流されたと、Aさんの知人から通報があった。高山署によると、同伴者に救助されたが心肺停止状態という。天候が不安定なため、救助方法を検討している。 Aさんは、富山市内の会社員男性(43)と2人でロッククライミングをするため、5日早朝に入山。男性がけがをしたのでビバークし、6日朝に下山を始め、途中で増水した川に流されたとみられる。連絡を受け救助に向かっていた富山の山岳会員が心肺停止状態のAさんを見つけ、通報したという。
関連記事



[ 2011/11/06 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。