山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トムラウシ山 大量遭難 低体温症

  日刊スポーツ 2009年7月18日9時35分
 北海道・大雪山系のトムラウシ山(2141メートル)、美瑛岳(2052メートル)で登山ツアー客らが遭難した事故で17日、50~60代の男女10人の死亡が確認された。トムラウシ山ではツアー客7人とガイド1人、単独登山の男性1人、美瑛岳では女性1人が死亡。夏山の遭難事故としては史上最悪の規模となった。道警は登山計画や安全管理に問題がなかったか、業務上過失致死容疑で捜査を開始した。

 日本百名山・トムラウシ山が山に魅せられた中高年の登山客に牙をむいた。山頂付近に花畑や沼が点在し、多くの登山愛好家あこがれの地。しかし山上の避難小屋で夜を明かすと、絵はがきのような風景は地獄絵図に変わっていた。

 ツアー客19人は16日早朝に山頂を目指し出発。他の登山客によると当日は「四つんばいでないと歩けない」ほどの強風で、雨が全身を濡らした。まず女性1人が体調悪化を訴え、ガイドとともに山頂付近にとどまった。すると他のメンバーも足を踏み外して転倒するなどして次々に脱落。残りのメンバーは下山を強行したが、気づくとその一行もばらばらになっていた。

 山の風速は、1メートルにつき体感温度が1度下がるといわれる。札幌管区気象台によると、19人が登り始めた14日は晴天だったが、15日に天候は一転。16日には風速20~25メートルの強風と雨が降り始めた。山頂の気温は7度前後、体感温度は氷点下だったとみられている。

 今回のツアーは、登山専門の旅行会社「アミューズトラベル」(本社東京千代田区)催行の「大雪山 旭岳~トムラウシ山縦走」。参加者は広島市、名古屋市、仙台市から出発した中高年男女19人。4泊5日で高低差約1900メートル、道のり約40キロ、計28時間歩く強行軍で、参加者は70歳以下限定。過去16回のツアーで事故はなかったという。同社によると同行したガイド3人のうち、1人だけがこの行程を十数回経験していたが、ほかの2人は同社のガイドとしては初行程だったという。

 単独登山の1人、美瑛岳の1人と合わせ夏山の遭難事故としては史上最悪の規模の10人が死亡したが、そのうち少なくとも6人の死因は全身に障害が出る「低体温症」だった。

 北海道警はツアー会社やガイドらの安全管理に問題がなかったか、業務上過失致死の疑いで捜査を始めた。「アミューズトラベル」の松下政市社長はこの日、北海道帯広市で会見し「けじめをつけるため社長を辞任する」と表明した。

 登山家の田部井淳子さんは「(体が)ぬれた状態で風が吹くと体温が急激に下がり低体温症になるケースがある。突然歩けなくなり意識がなくなることもある。ツアーだと飛行機などの予定が決まっているために行動計画に無理をしていなかったのか。ガイドがなぜ今回の判断をしたのか疑問だ」と話している。
関連記事



[ 2009/07/16 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。