山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

剱岳 早月尾根 カニノハサミ 落石/滑落

剱岳で山岳事故相次ぐ、1人死亡2人重軽傷

 北アルプスの剱岳(標高2999メートル)周辺で28日、遭難事故が相次ぎ、1人が死亡、2人が重軽傷を負った。

 午前8時50分頃、剱岳に続く早月尾根の通称「カニノハサミ」近くの登山道(2950メートル)から、富山県上市町黒川、同県職員男性(59)が約100メートル下に転落、頭を強く打って死亡した。

 上市署の発表によると、出動中の県警山岳警備隊員が転落する男性を目撃した。男性は単独で剱岳山頂を目指していたとみられる。

 この事故の約50分前には、カニノハサミで落石があり、同県高岡市野村、無職女性(61)が右手首骨折などの重傷、同県射水市南太閤山、無職男性(69)が頭を切る軽傷を負った。2人は、8人のパーティーで剱岳山頂に向け登山中だった。

(2011年8月28日18時37分 読売新聞)
関連記事



[ 2011/08/28 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。