山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士山 8合目付近 軽装 行動不能

 3日午前4時頃、富士山に登山中だった広島市内の男子大学生(22)ら4人から「風雨が強くて身動きがとれない」と110番があった。


 静岡県警富士宮署の山岳遭難救助隊員らが約5時間後、8合目(標高約3250メートル)付近で4人を救助した。けがはなかったが、午前4時の富士山頂付近の気温は約8度。4人は、台風12号の接近は知っていたが、いずれもフリースにひざ丈のスパッツ、スニーカーなどの軽装で、「富士山をなめていた。申し訳ない」と話しているという。

 同署の発表によると、4人は高校時代の同級生で、「富士山のご来光を見よう」と、広島市内から乗用車で5合目に到着。3日午前1時半頃から登り始めたが、風雨が強まり、携帯電話で救助を要請した。

(2011年9月3日19時39分 読売新聞)
スポンサーサイト



[ 2011/09/04 08:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西穂高岳 滑落

遭難:西穂高岳で足立の男性死亡 /東京
毎日新聞 9月11日(日)10時22分配信

10日午前6時35分ごろ、長野県松本市の北アルプス・西穂高岳(2909メートル)で、県警ヘリが頂上東側の登山道から約200メートル下の沢で男性を発見した。男性は足立区梅田、会社員(35)で既に死亡していた。滑落したと見られる。9日午前7時40分ごろに、前を歩いていた別の登山客が落石音と声を聞き110番通報。県警が捜索していた。



[ 2011/09/11 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

八ヶ岳連峰縞枯山 歩行困難

八ヶ岳連峰縞枯山における山岳遭難の発生(茅野署)
本日、単独でピラタス蓼科ロープウェイから茶臼山に行き、縞枯山経由で戻る途中の千葉県印旛郡居住の男性Aさん24歳が、急に呼吸困難、おう吐を繰り返して歩行困難となる山岳遭難が発生しました。山梨県消防防災ヘリ等が出動し病院に収容しました。男性に怪我はありませんでした。

長野県警


[ 2011/09/13 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

槍ヶ岳 体調不良

北アルプス槍ヶ岳で山岳遭難の発生・救助(松本署)
9月8日、大学のワンダーフォーゲル部の仲間5人と上高地から入山し、昨夜、槍ヶ岳近くのテント場で宿泊していた東京都目黒区居住の男性Aさん21歳が、発熱により体調を崩して自力下山困難となり、本日、救助要請があったため、県警ヘリで救助して病院に収容しました。

長野県警


[ 2011/09/13 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

八ヶ岳 赤岳 道迷い

八ヶ岳連峰赤岳で山岳遭難者の救助(茅野署)
昨日、八ヶ岳連峰赤岳から阿弥陀岳に行く途中に道迷いとなっていた埼玉県上尾市居住の男性Aさん65歳については、本日、県警ヘリで捜索したところ、八ヶ岳連峰赤岳立場川本谷付近で発見し、救助しました。Aさんに怪我はありません。



[ 2011/09/13 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

唐松岳 不帰ノ嶮 滑落

北アルプス唐松岳不帰ノ嶮付近における山岳遭難の発生(大町署)
昨日、3人パーティーで唐松岳に登山し、本日、白馬鑓温泉を目指し登山中のところ、愛知県一宮市居住の男性68歳が不帰ノ嶮付近の登山道から東方へ約200メートル位滑落する山岳遭難が発生しました。県警ヘリ等が出動し、警察署に収容し死亡を確認しました。

長野県警察


[ 2011/09/14 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

荒沢岳 滑落

千葉の登山女性が滑落死 新潟・荒沢岳、夫は無事
2011.9.17 13:55
 17日午前8時ごろ、新潟県魚沼市の荒沢岳で、夫婦で登山していた千葉県八千代市の従業員、女性(58)が崖から約100メートル下の沢に滑落。全身を強く打って、消防のヘリコプターで病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 新潟県警小出署によると、女性は夫(53)と2人で同午前5時半ごろから登り始めた。滑落後に夫が119番通報した。夫にけがはなく、自力で下山した。

 荒沢岳は標高1969メートルで、現場は1390メートル付近とみられる



[ 2011/09/17 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

丸山岳 衰弱

丸山岳の遭難:男性2人を救助 /福島
只見町と檜枝岐村にまたがる丸山岳(標高約1820メートル)に登ったまま連絡が取れなくなっていた郡山市の男性3人の遭難事故で、衰弱して動けなくなっていた同市富田町、自営業、Mさん(64)が心肺停止状態で、同市うねめ町、同、Hさん(54)と同市逢瀬町、会社員、Iさん(59)の2人が救助された。
県警や消防など捜索隊は、21日午前9時半ごろ、自力下山したHさんを発見。Hさんの案内で、動けなくなっていたMさんと介抱のため、残ったIさんの救助に向かい、合流した。だが台風15号の影響による倒木や土砂で道がふさがれ、21日は下山できず山中で一夜を明かした。
南会津署によると、大雨ときりのため防災ヘリコプターでの救助ができず、22日午前6時半から捜索隊44人が救助に向かい、Hさんらと下山。Mさんと捜索隊は山中にとどまっている。
毎日新聞 2011年9月23日 地方版

丸山岳で遭難、Mさんの死亡確認 福島
2011.9.23 02:07
只見町と檜枝岐村にまたがる丸山岳(1820メートル)に登山中の郡山市のMさん(64)の死亡を確認した、と県が発表した。県などによると、Mさんはいずれも郡山市のHさん(54)とIさん(59)と3人で18日午前4時半ごろ、「丸山岳に登り、20日に帰る」と家族に話して出発。帰宅しないため家族が友人を通じて南会津署に通報した。
21日午前、自力で下山したHさんを発見、捜索隊はMさんとIさんを見つけたが、台風15号の影響で登山道が水没するなどして下山できないという。
<MSNニュース>

遭難:丸山岳で男性3人一時不明 /福島
21日午前0時10分ごろ、只見町の丸山岳(標高約1820メートル)に登山に出かけた郡山市うねめ町、Hさん(54)▽同市富田町、Mさん(64)▽同市逢瀬町、Iさん(59)の3人が帰宅しないと家族から届け出があった。
南会津署によると、Hさんらは18日午前4時半ごろ、家族に「黒谷川から丸山岳に登り、20日に帰る」と話していたが、予定日を過ぎても帰宅せず、連絡がつかなくなった。
県警など約30人が21日捜索し、午前9時半ごろ黒谷川の登山道付近で、自力下山したHさんを発見。Hさんの案内で、捜索隊は、衰弱して動けなくなったMさんと、介抱のため付き添っていたIさんがいる約4時間離れた地点に向かい2人と合流。だが、台風の影響で足場が悪く21日は下山できず、3人は捜索隊とともに山中にとどまり、22日に再び下山する予定。
毎日新聞 2011年9月22日 地方版



[ 2011/09/21 22:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

前穂高岳 北尾根 滑落

前穂高岳 岡山の女性滑落死
24日、北アルプス前穂高岳で、仲間と登山をしていた、岡山市の59歳の女性が岩場から滑落して死亡しました。
死亡したのは岡山市中区の無職、Aさん(59)です。
警察によりますと、Aさんは、24日午前11時ごろ、松本市の北アルプス前穂高岳の頂上近くの標高2900m付近で、岩場を登っていたところ200mほど滑落しました。
通報を受けた警察の山岳救助隊員が、24日午後3時ごろに、岩場の下でAさんを見つけましたが、頭などを強く打ってすでに死亡していました。
Aさんは、23日、岡山の山岳会の仲間3人と一緒に、松本市の上高地から前穂高岳に向けて入山したということです。
警察は、一緒に登山していた山岳会のメンバーに、話を聞くなどして、当時の状況や滑落した原因について詳しく調べることにしています。



[ 2011/09/24 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

岩手山 転倒 道迷い 低体温症

遭難:岩手山で男性不明 初冠雪に捜索難航 /岩手
 9月30日午後1時20分ごろ、岩手山の山頂近くで、雫石町西根栗木平、会社員、Aさん(26)が「転倒したため、腕と足をケガして動けない」と携帯電話で110番通報した。県警山岳救助隊と盛岡西署、南岩手山岳遭難対策委員会が同日から捜索を続けたが、2日夕現在、発見に至っていない。

 盛岡西署によると、Aさんは30日午前8時ごろに1人で入山。食料や雨具などは持っておらず、携帯電話での連絡も30日を最後に途絶えているという。

 2日は約15人態勢で捜索したが、岩手山では昨年より25日、平年より11日早い初冠雪を記録するなど天候が悪化したため難航した。同署は3日も20人態勢で捜索を実施するという。【金寿英】

岩手山の男性遭難:不明男性、遺体で発見・収容 /岩手
毎日新聞 10月9日(日)11時31分配信

 岩手山で登山中に行方不明になっていた、雫石町西根の会社員、Aさん(26)の遺体が8日午前8時半ごろ、航空自衛隊秋田救助隊の救助ヘリに収容された。
 盛岡西署によると、Aさんは先月30日午前8時ごろ、1人で入山。午後1時20分ごろ、「転倒し、腕と足をケガして動けない」と携帯電話で110番通報があったが、その後、連絡が途絶えていた。
 5日午後2時ごろ、県の防災ヘリが、岩手山御神坂地内の尾根から約600メートルの谷底に倒れているのを発見。天候回復を待って収容したという。死因は低体温症。【宮崎隆】



[ 2011/09/30 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。