山岳遭難・山岳事故 備忘録

過去の山岳事故・遭難の取りまとめBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白馬岳の4人収容 穂高連峰や御岳でも

遭難死者計8人に 白馬岳の4人収容 穂高連峰や御岳でも
信濃毎日新聞 掲載

平成18年10月11日(水)

 北アルプス白馬岳の七人パーティーの遭難で死者は計四人となり、九日、ヘリコプターで収容された。白馬岳北東方の小蓮華山、北ア南部の前穂高岳、御岳山でも同日、それぞれ登山者一人を遺体で収容。この山域で連休中に死亡したのは奥穂高岳の岐阜側の一人を含め計八人となった。いずれも凍死とみられる。ほかに、上高地から入山した一人が行方不明。

 白馬岳で七日に救助要請した福岡県大牟田市の登山ガイド男性(48)と軽傷の女性二人は九日、山小屋からヘリで救助された。死亡が確認されたのは、山小屋に収容されていた熊本県大津町、無職女性A(53)、稜線(りょうせん)上で倒れていた熊本市の無職女性B(61)と、ビバークしたまま連絡が取れなくなっでいた福岡市の無職女性C(66)と女性D(61)の姉妹。大町署によると、姉妹は山頂直下の白馬山荘まで約四、五百㍍の所で見つかった。

 また九日午前九時四十分ごろ、前穂高岳山頂近くでビバークしていた兵庫県高砂市、薬剤師男性A(50)が動かなくなったと、同行の男性が携帯電話で岐阜県警高山署に救助要請。長野県の防災ヘリが二人を松本市内の病院に運んだが、男性Aは死亡した。男性は無事。松本署によると、六日に上高地から入山、テント泊で前穂高岳北尾根を登っていた。

 小蓮華山で死亡したのは京都市右京区の会社員男性B(30)で、新潟県警ヘリが山頂付近で遺体を収容。木曽郡木曽町三岳の御岳山では九日午前八時半ごろ、神奈川県逗子市、歯科医男性C(47)が倒れているのを登山者が見つけ、長野県警ヘリが郡内の病院に収容したが、既に死亡していた。

 十日には、神奈川県伊勢原市の会社員男性D(48)が北ア方面に登山に出掛けたまま戻らないと、父親が松本署に届け出た。同署によると、七日に上高地から一人で入山、西穂高岳、奥穂高岳などを縦走し九日に下山の予定だった。



--------------------------------------------------------------------------------


ガイド会見「気象判断ミス」

 「想像を絶するブリザードだった。気象判断のミスだと思っている」。北アルプス白馬岳で四人が凍死した九州の七人パーティーの一人で、登山ガイドは九日、大町署で記者会見し沈痛な表情で遭難を振り返った。

 入山前日の六日夜、山小屋で見た天気予報からは「低気圧が台風並みに発達すると判断できなかった」。ヤッケなども冬山に対応できるものではなかったという。

 七日午前五時十分、小雨の中、富山県の祖母谷(ばばだに)温泉を出発。雨がみぞれに変わり、午後三時半ごろには猛吹雪に。女性姉妹は眼鏡が曇り、歩みが遅れる。姉妹が進めなくなり、一人でも担いで小屋に駆け込もう」と姉を抱き上げようとすると、「妹を置いていけん」と拒んだ。

 ガイドは「皆さんに非常に迷惑をかけました。ご遭族の方につぐなっていかないといけないと思っている」と話した。

スポンサーサイト



[ 2006/10/09 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。